2018年度「市民公開講座」を開催します。2018年10月24(水)18:00~

一覧へ戻る

2018年度 厚生労働省補助事業・フリーダイヤル「自殺予防いのちの電話・市民公開講座」
 
今回の市民公開講座の講師には、
北海道医療大学看護福祉学部教授の向谷地生良氏を招き
「心の危機からの回復(仮題)」を演題に、ご講演いただきます。
向谷地先生は、北海道浦河で”べてるの家”を創設されました。
創設には様々な悪条件を好条件とし活かし、統合失調症等をかかえた当事者達とともに
歩んできた歴史から生まれたものと言われています。
そこに至るまでには、地域・住人の理解を得ることなどにより大きな支援の存在があったことと思います。
今回向谷地先生からは「心の危機にある人へ」地域・市民がどのように関わることが出来るかなど示唆していただけることを大いに期待しています。
 
※詳細については、以下の予定ですが、確定次第HPにUPいたしますので、お待ちください。
日時:2018年10月24日(水)18:00~20:00
場所:札幌市教育文化会館 小ホール
申込他:現在、検討中です。
 
2017年の自殺統計”確定値”が発表されました。それによると、自殺者数は21,321人(男:14,826人、女:6,495人)と2016年より576減少しています。それでも、異常な数と言えます。
そして、年代別の数では10代だけが47人増え、567人です。また原因・動機別では、健康問題(身体・精神)が50%近くあります。
”自殺は追い込まれた末に起こる”といわれています。今回の公開講座の演題から、このあたりについても
お話をいただける機会になればと思っています。

2018.05.29